1/100 法隆寺五重塔

吉野ひのきで作る構造モデル


実物の法隆寺五重塔の材料は特定されていません。

昭和初期に解体修理を行った宮大工 西岡常一氏によると、

奈良の吉野ひのきではないかと推測できるそうです。

その実物と同じ吉野ひのきを薄板に成形し、1mm厚と2mm厚の材料に仕立てました。これらをレーザーカットマシンにかけて、設計データ通りに切り抜いていきます。

パーツを持つと、ひのきの良い香りがします。


2mm厚のパーツ

A~Fまでの6枚

1枚の大きさ297x180mm


1mm厚のパーツ

G~Lまでの6枚

1枚の大きさ297x120mm


キットには垂木が付属します。

1mm幅の垂木が500本以上。

レーザーカット済みです。

1本1本取り付けます。

出桁には、垂木がはまるミゾがつきます。一定の間隔で垂木を取り付けることができます。